背中ニキビの炎症「赤ニキビ」

ニキビの種類には、段階的な症状ごとに「白ニキビ」・「黒ニキビ」・「赤ニキビ」・「黄ニキビ」の症状があります。

ニキビの大きな原因に、アクネ菌の繁殖が大きく関係していると言われています。

毛穴をふさぎ、皮脂を栄養にして、活性化された、アクネ菌が異常繁殖し、顔や背中ニキビが発症します。

そして、毛穴の内部で皮脂を分解して、刺激性物質を作りだし、炎症して赤くはれ上がった症状を「赤ニキビ」と言います。

「赤ニキビ」まで発症すると、赤くはれ上がった状態が数日間続き、治りにくくなると言われています。

更に症状が悪化すると、炎症部分が化膿し、痛みをともないニキビ跡も残ることもあるようです。

背中ニキビができたら、「赤ニキビ」にならないように初期段階で治療、ケアすることがなにより重要です。

背中ニキビの炎症「赤ニキビ」関連ページ

背中ニキビの初期症状「白ニキビ」
背中ニキビの初期症状「白ニキビ」を紹介しています。
背中ニキビの症状「黒ニキビ」
背中ニキビの症状「黒ニキビ」を紹介しています。
背中ニキビの悪化症状「黄ニキビ」
背中ニキビの悪化症状「黄ニキビ」を紹介しています。