アクネ菌が背中ニキビの原因

背中ニキビの最も多い原因は「アクネ菌」と呼ばれる菌です。

アクネ菌とは顔などの皮膚の毛穴に潜んでいて、顔にニキビができる原因といわれています。

顔の中でも、鼻や額、その周辺に、身体では、胸や背中の皮脂がでるところにアクネ菌が多いようです。

毛穴に余分な脂肪が詰まったときに、それを毛穴から出そうとするのですが、毛穴に汚れなどが付いていると、毛穴がふさがれて、皮脂が詰まってしまいます。

そしてアクネ菌が繁殖してニキビになると言われています。

背中も汗をかいたままにしておくと、アクネ菌が繁殖しやすく、背中ニキビの原因ともなります。

ブラジャーの締め付けすぎでも汗が溜まりやすく、背中ニキビを作る原因にもなるようです。

また洗髪のとき落としきれないリンスの付着が原因で背中ニキビとなることもあるようです。

皮脂や汚れがアクネ菌を繁殖させ、背中ニキビをつくる原因となります。

入浴時に背中をきれいにし、背中を清潔に保つように心がけましょう。

アクネ菌が背中ニキビの原因関連ページ

汗が背中ニキビの原因に
背中ニキビは汗が原因でもなります。ケアの方法を紹介しています。
シャンプーが原因の背中ニキビ
シャンプーが背中ニキビの原因かも知れません。
日焼けも背中ニキビの原因
日焼けも背中ニキビの原因になります。日焼け予防もしましょう
ストレスが原因の背中ニキビ
ストレスが原因の背中ニキビのケア方法を紹介しています。